前へ
次へ

リノベーション物件は新築感覚で住める

古い賃貸マンションや分譲マンションは、新築で建てられた時に比べるとかなり傷みが出ているでしょう。賃貸であれば入居者が変わるたびに壁紙などを変更したり、トイレなど一部の設備の入れ替えなどを行うかもしれません。これらの変更はリフォームと言われ、リフォーム後に入居すれば前の利用者の汚れや傷を気にすることなく住むことができます。ただ建物自体は古く部屋の雰囲気も古いままなので、新築に住む感覚はあまりわかないかもしれません。リノベーション物件は壁紙やトイレをきれいにするだけでなく、基本的な部分の変更を伴う工事を行っています。単に壁紙を貼り直すのではなくて壁そのものを一旦取り払って新たに設置し直したり、床なども貼り替えたりしています。壁に固定されるタイプのキッチンだったのがアイランドキッチンに変更するなどもあり、リノベーション物件は新築感覚で住むことができるのがメリットと言えるでしょう。賃貸にしても分譲にしても大きく価値をアップさせることができます。

Page Top