前へ
次へ

リノベーションは古い物件を新しい間取りにする

建築物には外から見た外観があり、お寺などであればほぼ外観のイメージ通りの空間が中にあるでしょう。一方新たに復元されたお城などは外観は江戸時代などに建てられたお城ですが、中はエレベーターが設置されるなど近代的な空間が広がっています。外観と中の設備にギャップを感じる建物と言えるかもしれません。賃貸物件などにおいても外から見た時のイメージ通りの所もあれば、全く別の建物に入ったのではないかと感じるようなところもあります。リノベーションは古い建物において新しい間取りや設備を取り入れるための工事をした物件と言えます。もちろん外装を塗り替えるなどきれいにしているところもありますが、高度経済成長時代に建てられた団地などは今は旧く感じるところもあります。これらの物件においてはリノベーションをしているところが多く、中に入ると古臭さはあまり感じません。今の家族が住みやすいようなリビングやキッチンンの配置になっていて、最新のマンションを利用する感覚で住めます。

Page Top