前へ
次へ

リノベーション工事は新築を建てるイメージ

中古マンションを前入居者が退居した状態で購入し、その後に一定の工事を行って住むスタイルがあります。中古マンションの買い方としては工事後に購入する方法もあり、その方がトータルでかかる費用は安めになるときもあります。それはそれぞれのマンションにおいて工事をするときのパターンがある程度決まっていて、設備なども共通で利用することが多いからでしょう。ただ新築の分譲マンションを買うのと同様購入者に間取りや設備の選択肢はありません。一方で退居した状態で購入すれば当然ながら設備などはかなり傷んだ状態で、安く買えるものの新たな生活を始めるには少し勇気がいるでしょう。そこで行うのがリノベーションで、設備を取り外すだけでなく床や壁など取り外せるものはすべて外して新たに部屋作りを行っていきます。その上でどんな間取りにするのか、設備を入れていくのかを決めていきます。このリノベーション工事は中古マンションでありながら新築で家を建てるイメージと言えるかもしれません。

Page Top