前へ
次へ

リノベーションができないマンション

中古のマンションを購入するとき、現状引き渡しが安いところを選んでその後にリノベーション工事を入れようと考えることが多いかもしれません。費用としては物件購入費用に工事費用が必要になるため、場合によっては同等の新築物件を購入するのと同じくらいかかるときもあります。ただ分譲マンションと異なり自分たちの好みの間取りや設備を入れたりできるので、新築の分譲マンションよりも住み心地のいい住宅にできる可能性はあります。購入後にリノベーションをする目的であれば購入時に色々な注意をしなければいけません。まずその物件はどこまでの工事ができるのかでしょう。マンションなどの集合住宅は物件同士の間に壁や床、天井などがあります。それぞれの間のスペースに余裕があればその部分を変更する工事が可能になります。床の部分には配管等が多く入っているため、スペースに余裕があれば配管変更も行えます。しかし余裕がなければそれができず、間取り変更ができないときもあります。

Page Top