前へ
次へ

リノベーションするときのローンの組み方

マンションを購入するときとして新築分譲と中古があります。どちらも購入後にすぐに住むのであれば基本的には購入価格しか出費がありません。住宅ローンを利用して購入するのであれば購入価格に対して融資を実行してもらうことになります。購入の時点でどれくらい融資が必要なのかが分かるので、融資のための銀行の決め方や申し込むタイミングなども決めやすいでしょう。一方で中古を購入した後にリノベーション工事を入れた後に住む方法もあります。リノベーション工事は原状に対して大幅な改修工事を入れるため、工事費用は数百万円から数千万円かかるときもあります。このケースにおいてはローンを利用するのであれば物件購入額と工事額に対して行わなければならないでしょう。つまりは物件の引き渡しをした時点ではまだ住宅ローンは組めず、その資金を別途準備しなければいけません。銀行によってはつなぎ融資をしてくれるところがあるので、一旦つなぎ融資で物件を購入して、工事の概要が決まってから本融資をしていきます。

Page Top