前へ
次へ

マンションの将来性も考慮してリノベーション

新築の分譲マンションであれば将来的に30年以上はそのまま利用し続けることができるでしょう。戸建て住宅に比べて建物自体の耐用年数は長いので、建て替えが必要になるまでそれなりに期間があります。では中古のマンションの場合はどうかですが、まずは建てられた時の耐震基準などから耐用年数が決められます。その後耐震工事を行ったり改修工事を行っていればその分耐用年数も延長されるケースがあり、必ずしも当初の耐用年数までしか利用できないわけではありません。中古のマンションを購入してリノベーションをすると、新築と同じように住みながら新築よりも低コストで購入できる可能性があります。同じ建物の他の部屋よりも価値をアップさせ、売却もしやすくなるときがあります。ただしその建物が将来どれくらいそのまま使われるのかは意識しなければいけないでしょう。ある程度の築年数があれば改修などを行っていても新築程利用できるわけではありません。リノベーションを前提にするならその物件の将来性も考えるようにしてみましょう。

Page Top